身長

子供の身長,学期ごとで身長、体重を量ってきます。

体重は家でも量れるけど、身長はなかなか。。

前回よりも伸びてました☆

4月に測ったときと比べると、4.5センチほど高くなっていました。

昨年度の伸びもそのぐらい。

1年で5センチほどずつ身長が伸びてることになります。

いいなー!!

背の低い私にとってはうらやましい話。

まあ、子供は今が伸びる時期なんで、大きくなってもらわないと困るけどね☆

iPhoneのガラス割れ

iPhoneを落としてしまって、ディスプレイ面のガラスが割れるのってイヤですよねえ。
アップルの保証プログラムに加入しているといいですけど、そうじゃない人も多いですから。
まだ買って間もないスマホをうっかり落としてしまって、表面ガラスにヒビが入ってしまったら、
もう使い続けるには無理がありますし、早急に修理した方がいいでしょうね。
ガラス面にフィルム張ってごまかしながら使っても、液晶に悪い影響ありますし、
早めに直すに越したことがないです。
ただまあそれなりの出費になるので、修理を躊躇してしまう気持ちもわかりますから、
アップルの保証に入ってないときには、他の事、考えないといけないです。
とにかくデータのバックアップとって、
落としたiPhoneのガラスが割れただけなのか、完全に本体が壊れてしまっているのかをチェック。
電源が入って使えればガラスのディスプレイ部分の交換修理でいけるかもしれないですね。
本体が曲がったり電源がだめなときには本体ごと交換になるでしょうね。
いずれにしてもここでiphoneのガラス割れの修理するのが人気ですから、チェックするといいですね。

効率よく補えるヒアルロン酸サプリメント

人間の体の中でヒアルロン酸はその細胞の若さを保つ上で
非常に重要な役割を担っているもの、というのは知ってました。
老化の一つの大きな原因は乾燥ですよね。
細胞の保水が出来なくなっていくのがヒアルロン酸不足。
自分もある程度の年齢になれば、そういうこともあり得る。
ヒアルロン酸はなかなか食事で摂取しにくい。
そこでこのヒアルロン酸を効率よく補給するものがサプリメント。
こうじゅん【皇潤プレミアムと愉しむ人生】
体内吸収をよくした低分子化したヒアルロン酸を
毎日きちんと飲んで健康な体を維持したいと思うのは
誰もがそう思うと思うんですよね。関節がスムーズに動くこと、
みんな自分の足で歩いて健康に過ごしたいじゃないですか。
ヒアルロン酸の体内生成が、衰えてくるのが老化現象なら、
それを効率よく補えるヒアルロン酸サプリメントがある。
高齢化社会、健康で人生を愉しみたい。

カードローンなどを利用する際に

カードローンなどを利用する際に耳にする総量規制。お金を借り入れ出来る限度額を年収の1/3までとする法律です。しかし、この総量規制の法律が適用されるのは消費者金融と信販系のみ、銀行系のカードローンには適用されません。多分そのことを知らない人は多いと思います。専業主婦の方は収入がないため消費者金融や信販系からの借り入れはできませんが、銀行系のカードローンは現在も利用することができるのです。もちろん審査には本人確認書類以外に、夫婦であることを証明する書類(例:住民票、戸籍妙本など)、夫の同意書、夫の収入証明書(例:所得証明書、源泉徴収票、確定申告(税務署の印のあるもの)など)が必要になってきますから、ご主人に内緒でカードローンの契約というのは出来ません。しかしご主人の同意があればカードローンの契約は可能なのです。実際個人事業をされている方でカードローンで資金をまかなっているのですが、カードローンの名義は全て奥さんの名義になっているという人がいます。なぜ奥さん名義なのかということまではわかりませんが。このように専業主婦でも銀行のローンであればスピード融資(url)での借り入れが可能だということです。いざという時にこのようなことを知っていると安心ですよね。

クレジットカードを作ることを通じて

初めてクレジットカードを発行して作ったのは、外国に行く一ヶ月前でした。外国に行くのは旅行ではなく、一年外国に住めるワーキングホリデーという制度を使っての移住でした。銀行の口座もなければまだ働きさえもしていないので、外国でも日本の口座からの引き落としでお金が使えるクレジットカードを即日発行 クレジットカード発行して作ることは、必須でした。 外国へ行く直前まで働いていたためクレジットカードをクレジットカード 即日発行発行して作る暇がなかったことと、一ヶ月もあればクレジットカードくらい作れるだろうという見通しの甘さのせいで、結果的に作れはしたもののギリギリになっての発行になりました。なんと出発当日にクレジットカードが届きました。 実は最初に作ろうとしたカード会社からは、おそらくは無職ということを理由に発行してもらえませんでした。あわてて他の作ってもらえそうなカード会社を探し、そのカード会社に作ってもらえたので、なんとか日本にいる間に私の手元に届きました。 何事も余裕を持ってやらないといけないと思い知らされたことと、誰でも審査に通ると簡単に思ってはいけないということを、クレジットカードを作ることを通じて学びました。無職になる前に何カ月も前から作ってもらえそうなカード会社に申請しておく、それで大丈夫だと思います。