カードローンなどを利用する際に

カードローンなどを利用する際に耳にする総量規制。お金を借り入れ出来る限度額を年収の1/3までとする法律です。しかし、この総量規制の法律が適用されるのは消費者金融と信販系のみ、銀行系のカードローンには適用されません。多分そのことを知らない人は多いと思います。専業主婦の方は収入がないため消費者金融や信販系からの借り入れはできませんが、銀行系のカードローンは現在も利用することができるのです。もちろん審査には本人確認書類以外に、夫婦であることを証明する書類(例:住民票、戸籍妙本など)、夫の同意書、夫の収入証明書(例:所得証明書、源泉徴収票、確定申告(税務署の印のあるもの)など)が必要になってきますから、ご主人に内緒でカードローンの契約というのは出来ません。しかしご主人の同意があればカードローンの契約は可能なのです。実際個人事業をされている方でカードローンで資金をまかなっているのですが、カードローンの名義は全て奥さんの名義になっているという人がいます。なぜ奥さん名義なのかということまではわかりませんが。このように専業主婦でも銀行のローンであればスピード融資(url)での借り入れが可能だということです。いざという時にこのようなことを知っていると安心ですよね。